スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
『幸福な食卓』
評価:
瀬尾 まいこ
講談社
¥ 1,470
(2004-11-20)
JUGEMテーマ:読書


映画が好評だったので気になってたところ古本屋で300円だったので即買い。

ある日父さんは父さんを辞める宣言をし母さんは1人でアパートを借り兄は何事も適当で「私」は梅雨になると気がふさぐ…穏やかな家族の再生の物語。

全体的には良かったです。ちょっと泣けます。でも主人公の恋愛の結末はそこまで過酷にする必要があったのかどうか…。
ちょっと前に読んだ『幸運の持ちぬし』のほうがよかったかなあ〜。

売れ筋の話を書いているようで登場人物の描き方か結構クールで割と好きな作家さんです 。
Δ ほん | 12:44 | comments(11) | trackbacks(0) | tien
『テンペスト』
評価:
池上 永一
角川グループパブリッシング
¥ 1,299
(2008-08-28)
JUGEMテーマ:読書


一言…うーんイマイチ。
内容は幕末頃の琉球王朝を舞台に主人公真鶴が女であることを隠して宦官として王朝に入り政治改革したり阿片をとりしまったり黒船連れたペリーを追い返したり大活躍するものの計略にはまり島流しにされるが今度は王様の側室として王朝終焉まですったもんだするお話。
後半側室と宦官二足のわらじになった頃は微妙なデシャヴ…あぁリボンの騎士?
前作のようなヒステリックなパワーとむちゃくちゃさを期待してたのに不発。著者沖縄の人なのにこの本からは少しも沖縄の空気を感じることができず残念!

お嬢様爆弾のあたりはちょっとおもしろかったんだけど…。
あのむちゃくちゃさのまま行ってほしかったかな。
連載が文芸誌だったからパワー抑え気味??

前作『シャングリラ』はアニメ化するらしいのでちょっと楽しみ!挿し絵がエウレカのアニメーターさんだったからそのままいってほしいなぁ

Δ ほん | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
少し復活します。
子どもが動き回るようになってからPCの前にゆっくり座ることが出来ない!
でもちょっと寂しいので短文で続けていこうと思います。
ノートパソコンが欲しいなあ〜。
でも結局襲撃にあうから一緒か…(泣)
Δ たわごと | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
戻りました!
関東に戻ってまいりました。
子連れでの新幹線初体験もなんとかこなし。
ベビーベッドの近くに席を取ったのが成功の鍵でした。
ベビーベッドってちゃんと個室になっていて鍵もかかって
洗面所、椅子、ゴミ箱完備でオムツ換えだけじゃなくて
授乳も出来てすごくすぐれもの!!

久々にPCを立ち上げたらIEが立ち上がらなくなり
暫くネットできませんでしたが、IEを6に戻したところ復活。
マイクロソフトめ〜。

子どもは5kgを突破。
常に米袋を抱いている毎日です。
しかし初めて子どもと2人っきりになることが多い日々。
子どもが起きないかという緊張感と、やらなきゃいけない事がたくさんあって
結構、忙しかったりするのですが、妙に孤独を感じる日々です。
ウチは結構親戚の来客が多いのだけど、これが母子2人っきりばかりの
お母さんは辛いだろうなぁ〜と実感。

これからマイペースに子育てしていこうと思います♪
Δ たわごと | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
早、1ヶ月(近況報告)
気がついたら、生まれてからもう1ヶ月!!
なんだかんだと言って、予定日から1日遅れただけの安産でした。
陣痛で病院行ったものの、寝っころがってたら陣痛が遠のき…
診察にきた先生には「まだまだかかるかもね〜。歩いて下さい」
と言われ、まさか病院に来てまで歩くとは思わなかった!と嘆きつつ
病院内を徘徊していたら、数時間後に女の子誕生。やれやれ…。
出産が近くなると胎動が無くなるといろんなところで聞いていたのに
出産中までボコボコ足で蹴られる感覚は消えず。
生まれてすぐ胸の上に乗せられたわが子は、足を突っ張り頭突きを食らわせてきた。
感動の瞬間のハズでは??
最後まで蹴りを入れていたのはこの足かぁー!!
腕に抱かせてもらうと、「ここは何処?ワタシは誰?」って感じで
周りをキョロキョロする様子に笑いが止まらなかったことを思い出します。

1ヶ月になるまでも、寝ないわ、飲み方はやる気ないわ、体重は少ないわで
いろいろありましたが、とりあえず無事1ヶ月検診も終了し、ひと段落。
今も相変わらず寝ないけど、そこは添い寝・添い乳で乗り切り、
体重も順調に増えホッと一息。
何より私も回復が順調でやっとお風呂に浸かれるようになったことが嬉しい!!
シャワーだけのこの1ヶ月間は寒くて寒くて死ぬかと思いました。
一番参ったのは自分が産後アトピーが悪化したり耳下腺が腫れたりしたこと。
お風呂に浸かるようになってアトピーの痒みも少しマシになった気がします。

振り返れば、妊娠中流産しそうで子宮の片隅でふんばってた
ミジンコみたいなミクロの生物がこんなに立派にヒトっぽくなるんだなぁ、と感慨深い。
そして1年もしないうちに立ったり歩いたりしちゃうんだと思うと…
すげーぜ。赤子。
もともと、口が裂けても「子ども好き」とは言えなかった私が、
自然に無意識に子どもに語りかけちゃったりしている…。
おそるべし。赤子。

1ヶ月経ってちょっと慣れてきたかな…といっても早々外出は出来ない日々。
そんな私の唯一の楽しみはドラマです。
それもNHK朝ドラ「ちりとてちん」と深夜フジの「SP」
「SP」は先日最終回でしたが…てか最終回じゃないじゃん!!
まだ続くようで嬉しいです。完全版が出たらDVD買っちゃいたいほど好き!!
岡田クンと堤真一たまらんです。はい。

そんなわけで。私は元気です〜。
Δ たわごと | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
予定日
出産予定日がもうすぐそこなのに、ちっとも産まれる気配なし。
この「予定日」というものはくせ者だと思う。
ここに至るまでちっとも意識してなかったけれど、ここまで何の気配もないと正直「焦り」が出ました。
そして焦っている自分にびっくり。
よくよく考えれば、予定日に産む人のほうが少ないわけで。
予定日から10日ぐらいまで遅れても問題ないわけで。
やっと正気に戻った今日この頃。
こんな精神状態の時に「まだなの?」コールを連発される人も世間には多いようで、
その点私はのんきに過ごせて恵まれております。

ということで、通常家事に加え、散歩と呼ぶには生ぬるい「ウォーキング」と
「マタニティヨガ」とその他スクワットなどなど続けながら陣痛を待っています。
そしてもうすぐ封切られる『魍魎の箱』を見に行こうか思案中…。
Δ 只今妊娠中 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『家日和』奥田英朗
評価:
奥田 英朗
集英社
¥ 1,470
(2007-04)
JUGEMテーマ:読書


『ガール』で今の時期でも楽しめる著者だなと思い、続けてこっちも読んでみました。
(最近はミステリ系・残酷系はさすがに遠ざけてます。)
「家」をテーマとした短編集。
一番気に入ったのは、やっぱり「ここが青山」かなぁ…。
14年間勤めた会社が突然倒産し、代わりに妻が働きに出て、主人公が主夫となる話。
この主人公、もともとあまり出世欲とか、男の沽券とかにこだわりがなかったのか、実にスムーズに主夫へとシフトしていく。最初は初めての家事にとまどうものの、最後には息子ならずも妻のお弁当まで作るまでマスターする。そして本人もそんな毎日を楽しんでいる。周りの人間だけが、彼に気を使ったり、激励したりとトンチンカンな対応をしていく様が可笑しい。
でも、奥田英朗の小説を2冊続けて読み終わり、ふとよぎる捻た思い。
奥田小説によく登場するこんなもの分かりのいい男なんてどんだけこの世に存在するんだろ〜か?と。でも「人間到る処青山在り」はいい言葉だなと思いました。
Δ ほん | 14:41 | comments(2) | trackbacks(0) | tien
『きのう何食べた? (1)』よしながふみ
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


『大奥』といい今一番私が買ってしまう著者、よしながふみ。
今回も朝日新聞の書評で見かけて速攻本屋に走って…は無理なので歩いて行ってしまった。
別にストーリーはなんてことなく、いつものごとくホモで弁護士の主人公がスーパーで買い物をし、せっせと料理をする話なんだけど…何でこんなに面白いかなぁ〜。
読み終わった後は、特別料理好きでもない(いや、むしろ苦手、献立考えるのめんどくさい、台所に立つと殺伐とした気持ちになる)私でも、「やっぱ家で作って食べるご飯は最高だよね♪」などという気持ちになってしまう、驚くべき漫画です。
やっぱり「食」ってダイレクトに「幸せ」に結びついているよなぁ〜などとしみじみと思ってしまう。

ジャンクなものをことごとく制限されている、臨月の今の私の楽しみは「パン屋さんのパン」!本書でも、パンだけはスーパーの一斤100円パンではなく、パン屋さんで買う主人公。あー、パン屋さんのパンって何であんなに美味しいんだろう…。
ハード系のパンで、サツマイモの入ったパン、イチジクとくるみのパン…、これがあると思えば朝も起きられる。

子どもの頃も母によくお菓子を作ってもらいました。誕生日は必ず手製のケーキだったし、その他クッキー、シフォンケーキ、チーズケーキ、ドライフルーツたっぷりのパウンドケーキ、秋になれば紅玉でアップルパイ…そしてガッツリ太っていった私達。今思い出しても涎が…。今度は自分が作る番かぁ〜。

それにしても、1か月2人の食費が1万7368円って!!負けたと思った。

待ちに待った『大奥』3巻が今月20日に発売が嬉しい!でも事によると分娩台の上の可能性が大…。まぁ、いいか。
Δ ほん | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | tien
『古本屋の女房』田中 栞
評価:
田中 栞
平凡社
¥ 1,575
(2004-11)
JUGEMテーマ:読書


このお方の本好き・本屋好きが半端じゃない。
まず就職した三笠書房で職場結婚したものの、あまりの古本屋への傾倒ぶりに夫から、
「僕は本は好きだけれど、あなたほど本屋さんが好きではないよ」と言われてしまい離婚…。
その後、たまたま入った古本屋で学生時代バイトをしていた書店員と巡り合い、再婚。古本屋の女房となる。一女一男をもうけ、今度は赤子をひっさげ各地の古本屋を行脚するという。
ここに出てくる古本屋「黄麦堂」は専門書など扱うところではなく、いわゆる「まちの古本屋さん」。古本の買い付けに多々登場するのは「ブックオフ」というところに驚いた。えー、そうなの??(現在は違うらしいですが…。)
また、「フランス書院」や「ボーイズラブ」系の会計を娘にやらせているところなどが可笑しかった。また、カバーイラスト・挿絵全て著者が書いているのもすごい。妹尾河童さんを思い出すようなタッチで私は好みでした。

ただ、ラストが経営不振で、さらに閉店時のトラブルなど、それによって離婚を考えたりとなんだか世知辛い話で終わっており、ちょっと読後感が悲しい…。
Δ ほん | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『ガール』奥田英朗
評価:
奥田 英朗
講談社
¥ 1,470
(2006-01-21)
JUGEMテーマ:読書


久々にメインを更新。
この前にも『鴨川ホルモー』とかいろいろ読んだのですが、更新する気力なく放置。

さて、未婚・既婚・子あり・子なし問わず働く30代女がテーマの短編集。
読み終わった後は、なんだか元気が出る、なんてありきたりな言葉ですが
そんな小説でした。
中でも私が好きなのは、
マンションを買おうと右往左往する「マンション」
離婚して息子を育てつつ仕事をする「ワーキングマザー」
です。
「マンション」で、日頃、職場の既婚男性の保守的なところを小馬鹿にしていた主人公が、マンションを買うと決めた途端、「いつでも辞めてやる」と思っていた安定した職を維持することが必要になり、彼らの気持ちに気づいたり…ってとこがリアルで可笑しい。
それから、ラストも「会社」ってところは、仕事もそうだけど、いろんな人間がいるところがなんとも面白いんだよな〜と思わせてくれる。

「ワーキングマザー」では、ラストの主人公が和解するところで、
「女は互いに合せ鏡」「私があなただったかもしれない。あなたが私だったかもしれない」(原文うろ覚え御免)というくだりに「うんうん」と頷いてしまった。
自分の職場も女性が多いところで、「女の敵は女」までいかないけど、ちょっぴりそんな風潮もあり、こんな風に立場の違う女同士が分かり合えればお互い働きやすいだろうなぁ〜なんて思ってしまった。

実に爽やかな読後感でした。
Check
Δ ほん | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
NEW ENTRY