スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「ゲド戦記」(日本/2006)
[絶句]…。
監督:宮崎吾郎 初監督作品

只今、帰省中。
母と一緒に見に行きました。原作はむか〜し子供の頃に既読。自分を形作った大切な大好きな作品。ですが、悲しいかな、内容は3巻にいたってはほぼ忘れているので、未読の人に近い視点で見れた感じかな?

以上。

…じゃあ、ダメ?ダメ?あんまし感想を言うのが気が進まない。
以下、良い感想ではないです。自分はこの作品は感動した!いい!不快な感想は聞きたくない!という方はここから先はおひきとりください。


正直に、感想を言うと、「ひどい」です。
どぉ〜してこんなことになっちゃったんでしょうか?前評判は良くなかったことは知っています。でも、二代目はとかく批判されがちなもの。親が大きければ大きいほど、世間の目は厳しくなりますよね。ましてや今までアニメ製作にはノータッチの人だったのだから、突然、宮崎駿監督レベルの作品ができるとは考えられない…。一応そんな心構えで見に行ったのですが、それ以前の問題な気が…。

まず、絵について。
背景がベッタベタ。何の面白みも感じられない。動きがない。色彩も単調。ずーっと見ていて退屈になってしまう。風景に驚きや感動ができない。ファンタジーならではの「異世界」を登場人物と一緒に旅をするという醍醐味を体感することが全くできなかった。これは要するに「世界観」が雑なのではないでしょうか?多くの劇場アニメーション(アニメだけには限らないかもしれませんが)では、背景や人物、その世界を形作るために大量の設定をしますよね。それに基づいた絵コンテ集とか見るのが個人的にすっごく好きなんですが、ああいったものを見ると、作品中ではほとんど見えないようなところまで細かく設定がしてあることに驚かされます。一つの建物をとっても、概観から中にいたるまで「別に必要ないじゃん!」ってことまで描いてあったりします。というかそうせずにはいられない「想像力」というものが作品を豊かにしているのだと思います。特に今までの作品ではそういった面が顕著だった。今回そういった豊かさを「ゲド戦記」から感じることができませんでした。

人物について。
今回すごく感じたのが「表情」の乏しさ。特にアレンがテルーを助けるシーンですが、突然、憎しみに囚われた(?)表情をして「命なんていらない」とのたまわり、敵をなぎ倒し(この敵がまた弱い!)、でいきなり普通に戻って「大丈夫?」って変!!こういう不自然さがずっと続く。アレンが、なんで父親を殺したのかもさっぱりだし。大体ゲド戦記を全く知らない人にとって「ローク」ってきっと何のことやら、魔法使いの位置も何のことやら。
ああ、特に一番NG!と思ったのがテナーのところに薬をもらいに来た、近所のおばさん2人組み!!あれがこの作品のなかでは一番ひどい産物だった!あの2人を見たときすっごく悲しくなった…。ここまできたか、と。今までのジブリ作品のラインから完全に外れた人物造形だった。悪役のウサギ等についてもそう。これまで悪役には悪役なりの「魅力」にあふれていました。それが今回は皆無。

メッセージについて。
今回のメッセージははっきりしてますね。「命は大切だ」見た人なら誰でもわかりますね。というかCM見るだけで充分わかりますね。なんせ言っちゃてるんですから。(笑)
小学校の頃、教室の後ろに掲示してあった「友達と仲良くしよう」などの学級目標とか思い出します。

最後に思ったのは…。
最後に痛感したのは、賛否両論あったけど、宮崎駿監督ってやっぱすごい人だったんだなぁ、ということでした。「ハウル」も今回同様原作もので、いまいち原作を消化しきれず、ストーリー的には「わけわからん」ところも多々あったものの、それなりに楽しませてくれていた。わくわくした。世界で遊ぶことができた。今回は残念ながらそれができなかった。やはり、生半可な「想像力」では人の心を動かす作品を作ることは出来ないのだとすごく痛感した。この世の中にはたくさんの素晴らしい「作品」があふれている。それに対していつの間にか、ただ消費する身では「当たり前」になってたけど、ちっとも「当たり前」じゃなかったんだなあ〜と感じただけでも、見に行った意味はあったかも。
Δ えいが | 11:54 | comments(1) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 11:54 | - | - | スポンサードリンク
« のだめのドラマ | MAIN | 「嫌われ松子の一生」(日本/2006) »
Comments
こんにちは。
まだ観ていないので今度観ることにします。
いちおうジブリ作品ですからね。

posted by 闘士 [ 2014/01/13 9:23 AM ]









Trackbacks

SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY