スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「パプリカ」(日本/2006)
監督・脚本:今敏「パーフェクトブルー」「千年女優」「妄想代理人」など
[話題の…]星星星

*今年の感想今年のうっちに〜♪

今までずっとこの人の作品が気になっていたのですがなんとなく見ないままでした。しかし「パプリカ」の公式サイトでCMを見て、もうこれは行くっきゃない!ってなわけで見てきたのです。
映画館の入りは、平日深夜なのに(1000円デーというのもあったけれど)満席でびっくり。

で、感想は久しぶりに「前向き」に楽しい作品でした!

「パプリカ」公式サイト

人形ばかりの神輿などの映像は、「イノセンス」をちょこっと思い出したり、パプリカのコスチューム変化もそう目新しいものではなく、映像的な斬新さはそう感じなかった。個人的には「心理学」とか「癒し」とかあまり好きな分野でもないし、DCミニを悪用して暴走した者の動機もイマイチ説得力がない。けれど、それらで差し引いて、千葉敦子の恋愛ストーリーとして見た私はしっかり楽しめました。機械オタクの時田君とクールな千葉敦子のカップルはバランスがとれていていい感じだし。攻殻の素子といいパプリカといい、ネットや夢を自由に闊歩する人間に私は弱い…(超人嗜好か?)
特に意味を分析せずにそのまま楽しむべし、な作品でした。

ところで、これを見た後すぐに読んだ川上弘美さんのエッセイに小説「パプリカ」の感想を書いている項があって(なんたる偶然!)それを読んだら原作は全然雰囲気ちがうっぽい。そうだよね…筒井作品があんな爽やかなわけないよね…。原作も読みたいです。

あ、最後に不満を1点。千葉敦子の声優さんは林原めぐみさんでしたが、「パプリカ」のときはいいとして、千葉の声はもうちょっとクールなほうがいいかなぁ〜。

では皆さん良いお年を!これから初詣!
Δ えいが | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 23:27 | - | - | スポンサードリンク
« 「それでもボクはやってない」(日本/2007) | MAIN | 本気な手帳、など。 »
Comments









Trackbacks

SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRY