スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「それでもボクはやってない」(日本/2007)
監督・脚本:周防正行「ファンシイダンス」「シコふんじゃった。」「Shall weダンス?」など
[圧巻!]星星星星

言わずと知れた周防監督11年ぶりの新作。
就職活動中のフリーター金子徹平が電車の中で痴漢に間違われ、無罪を争う…。
公式サイト

冒頭からとにかく、徹平に感情移入できてた私は、息苦しい!嫌だ!という多大なる「ストレス」を感じつつ見入ってしまいました。逮捕から拘留、取調べ、また拘留、やっと釈放、そして裁判…と細部まで丁寧に描かれているため、すごくリアルに感じることができました。とにかく「そうなの??」っていう初めて知る事実がたくさんあって、勉強にも
なってしまった。痴漢で家宅捜索されるんだ!とか検察庁の取調べのために待つ場所「同行室」ってあんな酷い環境なんだ!とか裁判の途中で裁判官が代わってしまうこともあるんだ!とか…挙げ始めればきりがないほど。私が無知なのかも。そして「有罪率99.9%」という事実。裁判官が「無実」を出すのは、下手すると国家権力に楯突くことになり、勇気と能力が必要なこと。

考えたことも無かったけれど、まだ罪が確定していない段階で既に犯罪者扱いされるというのは、徹平を見ていてすごく辛くて屈辱的なのがわかった。刑事も、検事も、裁判官も、鼻から「やっただろう?」という前提でくる。しかし、それは役所広司のセリフにもあったけれど、「毎日毎日、嘘つきと接している」がため無理は無いかもしれない。刑事も、検事も、裁判官も、弁護士も、皆、それぞれの事情に左右されつつも、ただ己の職務を全うしているに過ぎない。そこには(真犯人以外)誰も悪人はいないのだ。なのに明らかな不幸が生まれてしまう。被害者は紛れもなく被害者である。保護され、守られるべき存在だ。けれど冤罪は1人だった被害者を法廷で2人に増やしてしまうという悲劇なのだ。そしてそれと闘っている人が確かに世の中にはいるのだ、という現実がズシリと迫ってきました。
何にしても、裁判官という仕事は、人の人生を動かすとてつもない仕事だな…と。
そして仕事に「慣れ」は禁物だと、背筋が伸びる思いでした。

曖昧な証拠で簡単に有罪にされてしまうことが非常に多いと言われている痴漢冤罪を取り上げたのは見事。

身近で、明日にでも、貴方が、そして貴方の大切な誰かが、突然無実の罪を被せられるかもしれないから…。
Δ えいが | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 21:22 | - | - | スポンサードリンク
« 時効警察続編だぁ! | MAIN | 「パプリカ」(日本/2006) »
Comments









Trackbacks

SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRY