スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
好みの違い
このあいだは久々にダンナと休みが合う…っても自分が自宅安静で
ずっと家にいるだけだけど。
めずらしくのんびり撮りためた映画などを見た。
今回はダンナの趣味の映画です。

●「クレイマー・クレイマー」
クレイマー、クレイマー

ずいぶん昔の映画ですが、私は初めて見ました。面白かったです。
ダスティ・ホフマン、若いわー。確かに男前だわ。
子どももかわいい。健気だよね〜。
映像も古いので、今みたいにそんなに鮮明じゃないのですが、
なんか、アメリカ映画らしからぬ、情緒ある素敵な映像でした。
最後の方は出てった母親と父親の裁判になってしまうのですが、
やっぱり、「裁判」ってーやだね。酷だね。一生縁がないといいです。
ラストも結構意外でした。当時まだまだ離婚がそれほどアメリカでも今ほどじゃあなかったんでしょうね。それに対する「戸惑い」や「受け入れられない苦悩」を感じられました。しかし…喫茶店のガラスに張り付いてわが子を見る、母が怖かったです…。

●「ノッティングヒルの恋人」
ノッティングヒルの恋人

ダンナが「好きだ」という映画とのことなので見てみました。
…結果、どこがいいのかさっぱり分からん。
何といっても、変でしょう、この女。
いきなり何の脈絡もなくキスしてくるのですよ〜。そしてごめんなさいって?
とにかくキス魔の軽い女にしか見えなかった〜。
こういう手のお話は深く考えちゃいけないって分かってるんだけどさぁ。
殿方は綺麗な可愛い小悪魔女にやっぱり翻弄されてみたいのね。
でも設定が整形有なのはすごいなと感心してしまった。
しょうがないので、もっぱら風景を楽しんでいました。
主人公が経営している旅行書専門の本屋さん、いいねぇ。
こんなところでバイトしたい。
ルームメイトのアイルランド人(?)がいい味出してました。

…ということで、久々に私たちって映画の趣味が違ったよねってことを思い出したり。違うというか私がストライクゾーンが狭いのかも。私はわりと単館系が好きで、結果暗めの作品が多くなってしまうのですが、ダンナの趣味はよく分からん。「セカチュウ」とかラブストーリーが好きかと思えば、「犬のえいが」とか「こぎつねヘレン」とか嬉々として見に行く、かと思えば突然「ヒトラー最後の12日間」など見に行き爆睡して帰ってきたりと、意味不明である。SFものとか駄目らしいですが。

とりあえず、趣味が違っても一緒に暮らすことができるのだな、というのが大人になって発見。
Δ えいが | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 18:25 | - | - | スポンサードリンク
« 『航路』コニー・ウィルス | MAIN | 自宅軟禁の日々 »
Comments









Trackbacks

SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRY