スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
『今昔続百鬼 雲』京極夏彦
文庫版 今昔続百鬼 雲 〈多々良先生行状記〉 (講談社文庫)
講談社 2006年

さて、京極シリーズ大好きの私ですが、概ねキャラを目的に読んでいたわけです。いやストーリーも妖怪自体も好きなんだけど、京極堂や、榎さんが出ないシリーズには、まぁ、あんまり触手が動かなかったというのが正直なところ。
さて、ここのところ読書から遠ざかってそろそろ何か読みたいと思ったのですが、あんまり気分的に冒険して新規著者を開拓する気にもなれず…。ああ、そういえば京極さんで読んでないものがあったなぁと思い、手をつけてみた次第。
…ところが、意外や意外。結構面白かった!
京極さんの師匠を髣髴とさせる、妖怪研究家の多々良センセイと、そして不本意でありつつもいつも一緒に旅に出る沼上。このコンビ、けっこうイケル。
何より読みすすめるうちにこの、沼上が結構気に入ってしまった。
本人は自分は大人だから、無用な争いや喧嘩も買わないし、長いものに巻かれた方がいいとかなんとか言っときながら、実際ものすごく短気だし、熱くなりやすい。かと思えば、肝心なところではセンセイに流されている。いいなあ。
短編なので何話かあるのですが私は「手の目」が気に入ってます。
沼上の、というか男の馬鹿さと可愛さが詰まった話だと勝手に思ってます。
それにしても、富美ちゃん。おそるべし。いい女になりそうです。
最後の話には京極堂も出てくるというオマケ付で楽しく読了。
そうか、多々良センセイと京極堂の出会いはこんな事件がらみだったのね…。
次が出たら、今度はタイムラグなしで読みます!
Δ ほん | 21:58 | comments(2) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 21:58 | - | - | スポンサードリンク
« 実家にて。 | MAIN | 行ってきました。両親学級 »
Comments
うひゃー!久しぶりにブログに来ました。こんばんは。ハンドルネームを統一するのでこれに変えます。先日はお宅拝見させて頂きありがとうでした!家っていいね〜。家欲しい。その前に家族だよね(笑)私が遊びに行ったときは、おなかは静かだった。ちぇ〜。もっとがんがん動いて欲しかった(笑)。今は活発かしら。わくわく。ところで京極さんだね〜。私はまだまだここまで辿りつけないっす。大好きなのに、なぜ?最近軽めの本を読みました。乙一さんの「夏花火死体」です。今は、「隣戦争」です。ではまた遊びにきまする。
posted by たにゅさむ [ 2007/09/13 12:04 AM ]
たにゅさむさまお久しぶりです〜。
この間ははるばる来てくれてありがとう!お腹はあの頃よりはちょこっと活発ですよ。
乙一さん、私はまだ未読です。面白い??
最近また医者に一週間自宅安静を言い渡されてしまったので、だらだらと家にいるのですが、手元に本がなくて難儀です〜。ではまた遊びにきてね♪
posted by tien [ 2007/09/19 4:46 PM ]









Trackbacks

SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY