スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
『テンペスト』
評価:
池上 永一
角川グループパブリッシング
¥ 1,299
(2008-08-28)
JUGEMテーマ:読書


一言…うーんイマイチ。
内容は幕末頃の琉球王朝を舞台に主人公真鶴が女であることを隠して宦官として王朝に入り政治改革したり阿片をとりしまったり黒船連れたペリーを追い返したり大活躍するものの計略にはまり島流しにされるが今度は王様の側室として王朝終焉まですったもんだするお話。
後半側室と宦官二足のわらじになった頃は微妙なデシャヴ…あぁリボンの騎士?
前作のようなヒステリックなパワーとむちゃくちゃさを期待してたのに不発。著者沖縄の人なのにこの本からは少しも沖縄の空気を感じることができず残念!

お嬢様爆弾のあたりはちょっとおもしろかったんだけど…。
あのむちゃくちゃさのまま行ってほしかったかな。
連載が文芸誌だったからパワー抑え気味??

前作『シャングリラ』はアニメ化するらしいのでちょっと楽しみ!挿し絵がエウレカのアニメーターさんだったからそのままいってほしいなぁ

Δ ほん | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 12:41 | - | - | スポンサードリンク
« 『幸福な食卓』 | MAIN | 少し復活します。 »
Comments









Trackbacks

SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRY