スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「プロデューサーズ」(アメリカ/2005)
監督:スーザン・ストローマン
[前向きパワー]星星星

●パンフレットがキラキラ
さすがミュージカル!パンフレットが豪華。
表面に特殊なコーティングをしてあり、キラキラした無数の星のホログラフが浮き出てきておもしろいパンフレットになってました。

●簡単あらすじ
ブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画化。
ブロードウェイの落ち目のプロデューサー、マックスは、小心者の会計士レオの「大失敗した方が儲かる」という思いつきを実行するべく二人で、世界最悪のミュージカルを作るため、最悪の脚本を選び、最悪の演出家に依頼し、最悪の役者を揃え、大失敗に向けて万全なる準備をすすめるが…。

●去年
日本に来ていたミュージカルの方を見に行ったのですが、舞台を追いながら字幕を追うのは慣れなくて骨が折れました。S席だったのですが、結構遠くてオペラグラスがなかったのも辛かった思い出があります。それなりに楽しめたのですが、映画は映画で面白かったです。ただ、最初のほうはあらすじを知っていたのでチョットうとうとしてしまったのですが、ゲイの演出家が出てくるあたりからバッチリ眼が覚めました。

一番好きなシーンは、会計所のあの憂鬱なアンハッピーを歌って踊るシーン。綺麗に揃ってロールペーパーを巻き上げるところが何故か好きでした。
それにしても、ユマ・サーマンって歌って踊れたんですね〜。びっくり。ミュージカルって見た後は、むやみに楽天的になれそう?な感じになります。来月は「レント」を見に行く予定。
Δ えいが | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 20:58 | - | - | スポンサードリンク
« 2度読みの悦びに目覚める | MAIN | 「寝ずの番」(日本/2006) »
Comments









Trackbacks

SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRY