スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「銀河ヒッチハイク・ガイド」(アメリカ/2005)
銀河ヒッチハイク・ガイド
[好き!]星星星星

監督:ガース・ジェニングス

●大好きなノリ
連休に実家に帰った際にDVDで視聴。公開時は気になりつつも時間がなかったのと、評判がバラバラだったので行かずじまいに。面白かった。馬鹿さかげんが大好きなノリです。只、最初は3人で見ていたのに最後は皆寝ていて私だけ残っていたので、その面白さは万人向けなのかは謎ですが。

●突然
舞台はイギリス。ある日突然地球に宇宙船が来訪し、「銀河バイパス設立のため地球を爆破します。書類は既に提出してあります」と告げる。友人が偶然、実は異星人だったため、主人公は間一髪地球を脱出。それから奇妙な旅が始まる。

●オープニング最高
オープニング最高です。イルカ!そうやって脱出しますか。おみそれしました。ヒッチハイクガイドの説明のところが、確かにアレを劇場でやられるとタルイかもとは思った。
そして超後ろ向きなロボットが素敵でした。宇宙一のコンピューターがはじき出した最高の答えもある意味最高。そしていつ、どこであろうと紅茶を求める主人公も、嗚呼イギリス人。これがアメリカ人だったらコーヒーになるのだろうか??コーヒーがぶ飲みはきつそうなので紅茶なみには飲まないのだろうか、などと下らないことを考える。イギリスらしい皮肉とユーモアたっぷりの笑える作品でした。原作があるので是非読んでみようと思います。
Δ えいが | 20:41 | comments(2) | trackbacks(1) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 20:41 | - | - | スポンサードリンク
« 無念…。 | MAIN | 『家守綺譚』梨木香歩 »
Comments
これ、原作の4作目が最近出たようなのですが、タイトルが、
「さようなら、いままで魚をありがとう」なんです。
いきなり買いそうになる、いいタイトルでしょう?(笑)
http://www.kawade.co.jp/np/author/10363
私もむちゃくちゃ読みたいです。
posted by ざれこ [ 2006/06/22 12:38 AM ]
情報ありがとうございます!4作目最近出たのですか!
なんてナイスタイミング。
おまけに、またツボ突いた素敵タイトルですね!!
ああ、またあの歌が聞こえてきそうな・・・。
あと、4冊もあるかと思うだけで至福…。
posted by tien [ 2006/06/23 9:05 PM ]









Trackbacks
銀河ヒッチハイク・ガイドスタジオ: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
映画を観る女。 | at: 2006/06/22 12:36 AM

SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRY