スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
「RENT」(アメリカ/2005)
監督:クリス・コロンバス「ホーム・アローン」「ミセス・ダウト」「ハリー・ポッターと賢者の石」等

[時は無情なり]拍手拍手

予告編を見たとき、あのオープニングの曲と映像のラッシュに私的ツカミは俄然OKだった…はずだった、が。嗚呼、10年の歳月、時は無情なり。
舞台は1989年のニューヨーク、イーストヴィレッジ。朽ちかけたロフトに住む、家賃(レント)も払う当てのない、元人気ロックバンドメンバーのロジャー、映像作家志望のマーク、ナイトクラブのダンサーミミ。ロジャー、マークの親友の哲学者トム、トムの恋人エンジェル、マークの元カノ、ジョアンヌ、ジョアンヌの恋人、女弁護士モーリーンの青春の日々…。

そう、青春の話なのです。エイズ、ドラッグ、夢、恋愛の。なのですが、ミュージカル公演当時の実際の役者が何人か演じているのはいいのだけれど、そのため全体的に役者が高齢。それで青春はちょっと苦しかった。ミミのダンスではお腹のたるみにハラハラしてしまい、前振りで期待に高まったころ出てくるジョアンヌの顎のたくましさにビビり…。これが舞台だったら全然気にならないハズなのになー。なんで映画だと途端に気になるのか…。やっぱアップが多いからだろうか。後、3人もエイズにしなくてもと思ってしまう。当時はちょうど話題になってた頃だったと思うのですが。
個人的には、あのアンニュイで神経質そうなロジャーが好みでした。モーリーン役のトレイシー・トムスの歌声も良かった。オープニングの曲は何回聴いてもいいです。
Δ えいが | 17:32 | comments(0) | trackbacks(1) | tien
スポンサーサイト
Δ - | 17:32 | - | - | スポンサードリンク
« 「ダ・ヴィンチ・コード」(アメリカ/2006) | MAIN | 『現代SF1500冊 乱闘編 1975−1995』大森望 »
Comments









Trackbacks
二つの魔法学校の来訪シーンも、特色あっておもしろかった。ライバルたちの魔法ももっと
こうきょうてき メモ 恐怖の館 | at: 2006/05/22 2:55 PM

SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY