スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
『名もなき毒』宮部みゆき
名もなき毒

幻冬舎 2006
[セレブますおさんがゆく]星星星星

久々に、時代物でもなくファンタジーものでもない宮部さんの小説は、奇しくも京極と同じく「毒」がテーマ。それも同様に「青酸性の毒物」というのは偶然が否か…。
2003年に実業之日本社から出た『誰か』のシリーズが今回は何故か幻冬舎から出たのもちょっと不思議。『誰か』は手元にあるので読んでいるはずですが、例によって記憶喪失です。
さて、今シリーズの主人公「杉村」は超一大グループ企業、今多コンツェルン会長の娘を妻にもつ、正に逆玉セレブますおさん。(苗字は「杉村」なので戸籍上はますおさんではないのかな…)同グループ内で社内報を出す「あおぞら」編集部に勤務する。編集部内の人事トラブルの件でひょんなことから毒殺事件の被害者遺族と出会い、事件に関わっていく。
この主人公、テーマと対照的にどこまでも「毒」から遠い。裕福で美しい妻をもち、可愛い一人娘もいて、しかしその状況に溺れず分をわきまえられる思慮分別のある「大人」。ひと言で言えば小説的には「つまらない男」だと思う。…が、そこは宮部さん。周りに個性的な登場人物を配することで退屈はさせない。毒舌女編集長「園田」をはじめ、大きな成長を遂げる事件遺族の娘「古屋美智香」、若手気鋭のジャーナリスト「秋山省吾」、その彼の従姉妹で世話をやきつつ、叱咤する「五味淵まゆみ」、そして今多会長など等。
「毒」にしても直接的な毒殺事件におけるものに限らず、シックハウス、土壌汚染、そして原田いずみのような人間本来がもつ「毒」と様々にちりばめられている。
Δ ほん | 14:00 | comments(0) | trackbacks(8) | tien
『愛はさだめ、さだめは死』ジェイムズ・ティプトリー・Jr
愛はさだめ、さだめは死
愛はさだめ、さだめは死
伊藤 典夫・浅倉 久志訳 早川書房 1987

気もそぞろな夏頃『たったひとつの冴えたやりかた』を読んだのですが、私は本書の方が面白かったです。『たったひとつ…』はきっと出た頃は斬新だったのかもしれないけれど、現在読んだ私は普通な感じがしてしまったので。おそらくその模倣的なものにこれまで沢山出会ってしまっているからかもしれません。

ティプトリーを読んだ動機はその著者本人の数奇な人生から興味が沸いたためという、おおよそ不適当なものである。(まぁ読んでいる最中はそんなこと忘れてますので…)
12の短編の中でも面白かったのが、

(内容ちょこっと触れます)
Δ ほん | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『邪魅の雫』京極夏彦
邪魅の雫
講談社 2006


待ちに待った京極堂シリーズ最新刊。シリーズの最初が出た当初は高校生だった私も早二十ウン才になっているとは、ちょっと感慨深い。あの頃の私はこんな年まで、結婚した後までこのシリーズを追っかけていて、「榎さ〜ん」と相変わらず言っているとは思いもしなかったでしょう。

で、感想です。
(ネタバレです。以下未読の方は注意)
Δ ほん | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) | tien
『あめふらし』長野まゆみ
あめふらし
文藝春秋 2006
[好きなヒトにはたまらん]星星星

少し前に『箪笥のなか』をよんでイマイチ最後までのれなかったのだけれど、今回はがっつりツボにきましたよ!長野作品で姉弟ものでのれない私って、結局ヨコシマか…。長野まゆみ読書暦は意外と長かったり。『少年アリス』の頃からで、完璧はまり始めたのが『テレビジョン・シティ』で、好きなのはお決まりですが『天体議会』かなぁ…。でも『レプリカキッド』みたいな心神喪失になりそうなのも好きだ〜。ただ『新世界』の頃はちょっとフェードアウトしてて、『千年王子』で戻ってきた感じ。
さて、長野作品といえば個人的に勝手に「夏」と思っている。読んでいると何故か涼しい気が…。できれば梅雨時期に読みたかった。

今回は設定からしてツボ。タマシイを掴まえることができる「あめふらし」の橘河。タマシイが抜けた他人の躰に無意識に乗り換えてしまう仲村。そして橘河にタマシイを囚われた市村。その三人が営むよろず屋ウヅマキ商會。
なかでも橘河にいいように使われ、仲村には嗤われ、いじめられ、でも一番無意識に多種多様なものたちに愛され体質な市村が可愛すぎ…。最後、手放しちゃってもったいない〜と思ってしまった。(なんとなく『ポーの一族』とか思い出した。)是非また掴まえてほしいところ。続編は市村兄で希望したい。
相変わらず、キワドイところをバランスよく美しく描く筆捌きが絶品ですわ。

ちょこっと気になったのが、コンタクトって使い捨てじゃなくても付けたままお風呂は入りますよねぇ?
Δ ほん | 16:33 | comments(0) | trackbacks(1) | tien
『凸凹デイズ』山本幸久
凸凹デイズ
文藝春秋 2005

[元気にオシゴトしてる?]星星星

今週は珍しく人並みにワールドカップを見てしまい、寝不足気味な一週間だった…。そしてこっちも久々にSFから離れてみた。

凪海は専門学校を卒業して凹組という名のデザイン事務所に入社した。しかし、そこには自分が発見したキャラクターグッズを自慢げに嬉しそうに見せる大滝、古着の着物をだらしなく引っ掛けて仕事しているんだかいないのか謎な黒川のむさいオジサン2人だけの小さい事務所だった。エロ雑誌のレイアウトや会社案内、チラシの作成等、凪海曰く「イケてない」仕事をばかりこなす凹組に大きな仕事が舞い込む。凪海が考えたキャラクターが遊園地「慈極園」(すごい名前だ…)のリニューアルコンペの最終に残ったのだ…。

なんか細部が妙にリアルで面白かった。
大滝の回想でデザイナーの指示通りロゴを作ったりする場面とか、「どーんと」とか「ばばーん」とか妙な擬音語が飛び交ったり、才能のある奴が1、2ミリ位置を変更するだけで作品のできがグンと良くなっちゃったり、実際にありそうだなぁと思わせた。
物を作るってのは地道な作業だよなぁ…と。
嫌なことや、やってられないことも多々あるけど、そっちの方が多いけど、それでも「働く」ことはちょっと面白いということを久々に思い出させてくれた感じだった。ラストちょっとホロリとしてしまったことを告白。
Δ ほん | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『老ヴォールの惑星』小川一水
老ヴォールの惑星
早川書房 2005

[ツボを外す]星星

小川一水作品、初読み。
SFマガジン別冊『SFが読みたい!2006年度版』で国内1位に輝いた作品…ってことで期待しまくって読んだのだが、しすぎ?普通に面白かったのだけど、イマイチ私にはピンと来なかった。短編というのもあるのだろうけど。

反社会的な人間として「投宮刑」を科せられ、地下の広大な空間に放り込まれ、そこで「社会」を形成していくまでの過程を辿る『ギャルナフカの迷宮』、極限的環境の惑星で生きる知的生命体の話「老ヴォールの惑星」、木星の大気を採取する機械を停止するよう宇宙人と交渉するために、その大気を運ぶ軌道に荷物として乗って、不思議な惑星に辿り着く「幸せになる箱庭」、陸地が存在せず水と空気しかない惑星に不時着した男が、通信だけを頼りに生きのびた「漂った男」…とバラエティに富んだ短編集。

一番ピンとこなかったのが表題作「老ヴォールの惑星」。この生命体が最初想像できなくて、カバーを見て、ああこんな感じなのねと納得。これがイマイチ面白いと思えない私の感覚はやっぱ偏ってんのかなぁ。SF好きとは言えないかも?
一番面白いと思えたのが「漂った男」。水の上をぷかぷかと漂いながら、事態は絶望的で逼迫しているのに、携帯電話というよりは無線に近い「Uフォン」を通じて常時コミュニケーションだけは取れてしまうという微妙な状況が面白い。また、主人公とタワリ中尉のやりとりもよかった。
あっちこっちで言われている(らしい)ように、とにかく登場人物がポジティブな人達です。面白いけどちょっと物足りないと思ってしまうのは私だけ?長編も読んでみないとわからないのかなぁ。
Δ ほん | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『あしたのロボット』瀬名秀明
あしたのロボット
文藝春秋 2002

[身近なロボット]星星星

「瀬名秀明」「ロボット」関連で手を伸ばした。本書はタイトルどおり「遠い未来」ではなく、すぐそこの「あした」のロボット達、例えば実存する家庭用犬型ロボット、科学館のガイドロボット、地雷撤去ロボット、そしてアトム、等が登場する。各中編はそれぞれに独立しているが、ゆるやかに繋がってもいる。そしてその中編の合間には「人間」が滅亡してロボット達だけが残ったと思われる、ノルタルジックな世界が挿入されている。

正直、この構成が効果的だとはあまり感じなかったけれど、瀬名氏のこれまでのロボット取材ワークの流れを捉えながら読むと、それなりに興味深くはある。氏は、今後現実的に生まれるであろう「ロボット」という「新しい存在」と人がこれからどう関わっていけばいいかということを真面目に考え、今現在も追いかけているのだと思う。そして私もそれにすごく興味がある。それはつまり結局のところ「人とは何か」という普遍的な問いに繋がっていくからなのではないだろうか。

さて、ここまでは真面目に書いてみたけど、本書の中ですごく私の好きだった話は「亜希への扉」という話。
Δ ほん | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『現代SF1500冊 回天編 1996‐2005』大森望
現代SF1500冊 回天編 1996‐2005
太田出版 2005

[大人になっちゃった?]星星星

「乱闘編」の続編。1996年〜2005年までのSF時評。
「SF冬の時代」ど真ん中の1996年からスタートして、ライトノベルズの台頭から雪解けの予感。翻訳物はアメリカ主流の傾向から離れ、早川・創元以外の版元からもSFが多数出版されるSF界の多様化・成熟化の2005年までを走り抜ける。

前半は『アニメージュ』(懐かしい!小学生の時読んでたなぁ。)で連載していたものなので読者層を慮った話題が多い。そして時代は「エヴァンゲリオン」(これも懐かしいなぁ)最盛期だったため、「エヴァ」ネタがうっとおしいほど多い。(本人も自覚していて「読み飛ばしてください」と言っているほど。)後半は『本の雑誌』連載ものなので、打って変わってそこら辺は抑え気味になる。が、当たり前だけど、全部書評。まじめに書評。ホントに書評。「乱闘編」の時のような「そんなこと書いちゃっていいの?」と思っちゃう業界話もほとんど姿を消してしまい、前のようなパワーは感じなかった。SF界の成熟化とともに大森氏もケンカを売らなくてもやっていける「大人」になっちゃったのね…。また、全然未知の世界だった前巻に比べれば比較的、「知ってる」ことが多くなっていくので、意外にそれが自分的に面白さを欠いた理由かも。とりあえず10年後にまたまとめてくれるらしい(ホントか?)ので、それを楽しみに待ちたい。

さて、本書中「読みたい!」と思った本のタイトルを一生懸命メモっていた私ですが、なんだ〜大森氏のサイトに行ったら「1500の中からのベスト50」ってのをまとめているではないですか!これを参考に読むのも一興かしら?

そういえば、ふと気づけば今月更新してませんでした(汗)。
Δ ほん | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『シャングリ・ラ』池上永一
シャングリ・ラ
角川書店 2005
[ハイテンション!]王冠2王冠2王冠2王冠2

唐突に風邪を引いた。ヤバイ!と気づいた時には既に手遅れ。仕事を1日泣く泣くお休みしてその間にこの本を読みきった…、が、できればもっと元気な時に読みたかった。弱っている時に2段組600ページオールハイテンション小説はキツイ。負ける。が、面白かったのでよしとしよう。

舞台は温暖化が深刻な未来。国連が二酸化炭素排出国には「炭素税」を課したことで時代は実質炭素と経済炭素からなる炭素経済へ移行。東京は地上を森林化し、人々は「アトラス」と呼ばれる巨大人工施設に移住。しかし、建築中のアトラスに全ての国民が住むことができず、不満を持つ一部の人間はゲリラ化。また、アトラス内でも厳重なる「アトラスランク」によって階層社会か築かれていた。主人公はゲリラの美少女総統、國子…ってここまで書いてるとすごいマトモな話のような気がするが、全然マトモじゃない。國子の育ての親はオカマのモモコだし、牛車に乗った百鬼夜行のような少女も出てくるし、サドで冷酷残忍な女医とか、ノリは思いっきりアニメ。さすが「月刊ニュータイプ」連載。

(以下ネタバレ含みます。注意)
Δ ほん | 22:41 | comments(2) | trackbacks(1) | tien
『現代SF1500冊 乱闘編 1975−1995』大森望
現代SF1500冊 乱闘編 1975―1995
太田出版 2005

[怒涛のSFオタク魂に拍手喝采]拍手拍手拍手拍手

『本の雑誌』などでお馴染みSF翻訳者、大森望自身のこれまでのSF時評をまとめた本。でも、ただの時評・書評本じゃない。別にSFに詳しくなくたってめっぽう面白い!最近SFに興味を持った超超SF初心者の私でもすごく楽しめました♪というか書評本をこんなに熱中して読んだのは初めてかも。とりあえず、1975年〜1995年のSFの流れもなんとなくわかってしまう(らしい)。

なんで海外SFが訳されないんだ〜!という悶々とした著者の青年時代の話から始まり、80年代のサイバーパンクブーム、そしてブームの終焉、SF冬の時代の到来、「ジャンルSFという概念は無効なのか?」まで振り返る。とにかくその時に出たSFを余すことなく読み尽くそうとするそのオタク魂が天晴れ。ライトノベルズから、後半はドラクエ・FF・MOTHER等のゲームも出現し、「京極堂シリーズ」、「十二国記シリーズ」、終いにはコミケ話まで出てきた頃には笑った(京極シリーズCP予想、京榎から榎京に訂正していたが、主流は京関じゃないのか?という密かなツッコミ)。「面白いもの」だけを選別して読もうとする自分の姿勢を鑑みて、まだまだだな、自分って感じ(それが普通か…)。

評価基準に関しては、100点満点採点や★で出ているが、本人曰く「なんでそんな点数なのか、今となってはさっぱり分からないものも多い」らしいので、それだけを読むのではなく、それよりもSFの流れとともに展開される出版社の衰勢、編集者、訳者などの内輪話が醍醐味。これを読むまで、馳星周が別名で『本の雑誌』で新刊めったくたガイドをやってたことがあるなんて知りませんでした。
それにしても、評価には好き嫌いも含まれているが、何だかんだ言って総体でその本を評価しているところは好感。いやだ嫌いだと言っている著者の本でさえ、その後「嫌なところが気持ちいいという境地に達し」たり、凄いのひと言。
この本のおかげで読みたい本がザックザックです。とりあえず「もうひとつのビクトリア朝」スチーム・パンクに魅かれる…。次は「回天編 1996−2005」を読まねば!
Δ ほん | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRY