スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Δ - | | - | - | スポンサードリンク
邂逅
久しぶりに学生時代の友人に会う。
彼女が選んでくれたカフェは古い木造日本家屋風の素敵な場所でした。
艶やかに黒光りする板の間に置かれたソファーに並んで腰掛て積もる話をする女二人。
たった二年会わぬ間に、傍らの友人のお腹には新しい命があって、私は嫁にいく準備に追われていたりする。
だから、人生は油断がならない、とつくづく思う。
あたかも永遠に続くような日常は、見せかけのものにすぎないのだと思い知る。思い出す。
私という人間は、常に隣の芝が青いような人間であり、遠くのものばかりに目を奪われて近くのものを蔑ろにしてしまう愚者である。その代償として実に友人が少ない。
最近ようやっと、道を誤る前にそのことを思い出せるようになったのだけれど。

大好きなドラマ「すいか」最終話では、教授(浅丘ルリ子)が学生の頃からずーっと住んでいた下宿を出て行ってしまう。
その時のゆか(市川美日子)のモノローグがよみがえる。

 絶対に変わらないものなんてこの世にないんですね。
 あの北斗七星も時がたてば形を変えてしまうそうです。
 星さえも形を変えるのだから私たちに何が起きても不思議ではないのかもしれません。


そう、楽しくても、退屈でも、死んでしまいたいほど苦しくても、そのどの人間にも今日と同じ明日の補償はないのである。

鴨長明の爺さまの言葉もよぎっていく。

 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、か つ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし

しかも、その河に浮かぶ「自分」というものも随分あやふやなものである。

宮沢賢治先生の「仮定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です」という言葉が今になってようやっと実感を伴ってくる。
「私」という意識は、ヒトという生物を存続させるための単なる副産物かもしれない。
それでも「副産物」の主体である「私」は、それ故、完全な「客観」は大いなる欺瞞にすぎないとも思うのだ。

だから、私は普遍にも思える「日常」を愛そうと努めたい。
食事をし、眠り、働く。そのリズムが少しずつ「日常」というオブラートを形成していく。しかし「日常」に捕りこまれてはならない。ときにはそのオブラートの向こう側を透かして見ることも必要と思う。私にとってのそのためのツールが「読書」なのかもしれない。

さて、そんな世においての今回の邂逅のような時間は、ある意味「奇跡」に近い。
これからも流れ行く河の先で、小枝に絡まりしばし留まる笹船のごとく、そんな時間をたまには過ごすことを数少ない友人たちに、ひっそりと「よろしく」と言ってみたり。

さあ。引越し準備が佳境です。ネットも暫しお休み。
願わくば、教授がナポリに旅立った日のように、「旅のそら」にふさわしい清々しい天気にめぐまれますように!

すいか DVD-BOX (4枚組)
すいか DVD-BOX (4枚組)

Δ たわごと | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
断読中につき。
すっかり、秋なので模様がえなどしようと思い立ち、テンプレートを探したところ
こんな素敵なものを見つけたので、さっそくいただいて参りました。
西日と子ども…いいねぇ。
そして何より右サイドがプルダウン式ってぇのが、最高。

今月でここも1周年。祝
いままで覗いてくださった方、TBくださった方、コメントくださった方。
ありがとうございました。
今後も更新超スローペースですが、よろしくお願いいたします。

さて、なんだか結婚することになったので、それに伴いお引越し準備中です。
よくまぁ、この狭い部屋にこんだけの荷物が収まっていたものだと、驚愕の日々。
よくまぁ、ここまで掃除をしなくて平気だったことと、悔恨の過去。
ってなわけで、仮想現実に逃避してるバアイじゃねぇと、読書禁止中。
(『あめふらし』は禁止前に読んだ。)
しかし、ずーっと読まないとなんだか禁断症状に見舞われそう。
定期的に他人の空想を注入しないと成り立たない人生って生物としてどうよ?とも思う。
しかし、もうテオクレなんですね。

引越し先はケーブルテレビと聞き「もしや攻殻SSSが見れんじゃーん?」と真っ先に
思った私は嫁としてどうだろう。(結局見れない)
しかしケーブルテレビはチャンネル充実しすぎてヤバイじゃないですか!
朝から晩まで映画・アニメ見放題じゃないですか!…廃人になる。気をつけよう。

引越し間に合うのかなぁ〜(気力減退)
Δ たわごと | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
のだめのドラマ
ついに、デスカ!
10月16日 夜9時からフジテレビにて放映とのこと。
詳しくは公式サイト

のだめカンタービレ(1)

いや〜、そのうち絶対とは思ってたけど、ついにドラマ化ですか。
キャスティングの何にビックリって、シュトレーゼマンですよ。竹中直人って!(笑)のだめ役は上野樹里…2人で「スウィングガールズ」再びか?ある意味、真澄ちゃんにもビックリ。髪の毛が普通だーー。深夜枠でアニメ化もあるんですね〜。なんかドラマより、映画で見たかったかなぁ…。脚本の衛藤 凛という方は「東京フレンズ」「スローダンス」等の人なのね。ってどっちも見てないから分からないなぁ。

10月…。私どうなっているかな…。
ここのところサイトを放置気味ですが、本や映画から遠ざかっているわけではないのです。「ゆれる」「美しい人」の感想も書きたいし、『たったひとつの冴えたやり方』『第九の日』『シナン』『パレード』の感想も書きたい…。京極新作も気になる。(てか、講談社の告知はもったいぶり過ぎでは?発売日を告知する告知なんて前代未聞。もう夏終わるぞ。)現在、ちょっと人生の岐路的な所にいやおうなく立たされており、気持ちが落ち着かず、結果放置気味に。あああ。
早く落ち着いて、たまってる感想上げて、月曜夜には「のだめ」を楽しみにし、寝る前には「邪魅」を読む。そんな平穏素敵な未来が(そんなんでいいのか?)早く来ることを目指して、当分がんばりますワ。「時効警察」的テンションで生きていきたいと痛切に思ふ今日この頃…。

Δ たわごと | 14:01 | comments(0) | trackbacks(5) | tien
国際ブックフェア
先週、ビッグサイトで行われた国際ブックフェアに行ってきました♪
昨年も気になりつつ行けなかったので、待望の日でした。
初めて行きましたが、いやーすごい人だった。ビッグサイト自体久しぶりすぎて行き方忘れてたし…。

で、楽しかった!
本が2割引で買えるし、各社の雰囲気もそれぞれで面白い。
一番心踊ったのが「河出書房」のタイムセール!
なんと「文藝別冊」が半額以下の500円〜〜。
購入したのは「押井守」「小林秀雄」あと別冊じゃないけど「角田光代」「川上弘美」を購入。角田さんの回は江國さんとの「感情のベース」に関する対談が面白くてずっと欲しかったので。
河出書房の方も私の勘違いにすごーく親切で涙が出るほど嬉しかったです。ええ、ホントに。

そして、紀伊国屋書店出版部ではこれを見つけてしまった…。
利己的な遺伝子 <増補新装版>

あああ、増補新装版って!開くと活字が大きくなってるし、読みやすくなっているし、もう一周し一考して結局購入…。
唯一の不満は食べ物が不味かったこと…。来年は持参して行こうっと。

その後、バーゲンへ…って本って重いことにその時気づく。
何一つ買わなかったのに付き合ってくれた友人に感謝★


Δ たわごと | 20:58 | comments(0) | trackbacks(1) | tien
芥川賞・直木賞の決定
芥川賞・直木賞の決定話題でにぎわってますね〜。
私は情報にトコトン疎く、さっきasahi.comを見てビックリでした。

●芥川賞:伊藤たかみ『八月の路上に捨てる』
●直木賞:三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』
     森絵都『風に舞いあがるビニールシート』

3人とも未読です。
どんだけ偏ってるんだか私の読書傾向はっ。(笑)
こういう時、偏食だと話題に乗れずちょっと悲しい思いをする。
伊坂氏が外れたのが驚きでした。映画も公開したし、絶対伊坂一色の年になるもんだとばかり思っていたので…。

それはともかく、私が一番何に驚愕したかというと、asahi.comの「芥川賞に伊藤たかみさん、妻は直木賞作家の角田光代さん」というタイトル!!
ええーーーーーーーーーーーーーーーー角田さん、いつの間にご結婚を?
え、常識?遅い?今更?し、知らなかった…。
絶対結婚しないヒトだと思っていたので、ちょっとショックが…。

結局、芥川賞、直木賞と全く無関係のところで驚いたりショックを受けてしまった…。
Δ たわごと | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
『邪魅の雫』今夏発売決定!(涙)
昨日の朝日新聞「be」が大極宮特集だったのに「朝から素敵だな〜」と思いながら読んでいましたが、私が本当に見なきゃいけなかったのは記事でもなんでもなく、下段の広告!!
『邪魅の雫』完成!今夏発売ってあるじゃあないですか!!
うわあ〜〜い♪榎さーん!!
カバーデザインも掲載しているから本物だ…。じーん。
長かったなぁー。
『ルーガルー』の続編が先だと思ってた。
ちょっと今週は仕事でトラぶってかなり凹だったので、嬉しい…。
これを心の支えにして頑張ります。

『陰摩羅鬼』は『うぶめ』と対応していたので、今回は『魍魎』対応な造りなんでしょうかね。そしたら今回は木場っちが主役?旦那と神の掛け合いは好きなので楽しみ♪
でも、京極先生、夏って何月まで?

(あんまりにも現実感がないので講談社サイトに行ってやっと実感)
Δ たわごと | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
「時効警察」DVDBOX初回限定版
時効警察 DVD-BOX

結局、悩んだ末購入。
だって「誰にも言いませんよカード」が付いてくるっていうから…。
ビッグカメラに行ったらもう売り切れで、予約しとけばよかったと泣きながら山野楽器に行ったらいっぱいあった…。しょうがないので正規の値段で購入。ボーナスちょこっと出たからいいよね、と自分に言い訳。
でも後悔してません!
9話中、4話に未公開映像付きだし、ソーブ君シールも入ってるし、お得だ!「イッキ見オールナイト」はハズレてしまったけれど、これで1人イッキ見オールナイトだ〜…来週末あたりに。(ここら辺が正気)


Δ たわごと | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
無念…。
今月28日(日)に東京大学の五月祭にて、
「立花隆ゼミ“INNOCENCEに見る近未来科学”・特別対談企画 瀬名秀明×櫻井圭記 」が行われるそうですね。IGのHP告知で今日知った。行きたかった…。瀬名氏とSACの脚本家とのトークイベントだなんて!!絶対行きたかった…。でもこの日は法事。気仙沼くんだりまで行かなくてはならない。っていうか瀬名氏とすれ違い?!悲しい〜。
どこかで放送してくれることを願う。

瀬名氏のブログで「サイボーグの衝撃」について触れられていて、こちらもすごく興味深かったです。(興味のある方はこちら)サイのBBSでもツッコミがあった「義体」についての説明はやっぱカットされてたんですね…。編集ってオソロシイ。
とりあえず、『デカルトの密室』の「ケンイチ君シリーズ」『第九の日』が6月に出ることを知って狂喜乱舞!!これを餌に今月は仕事を頑張れそうだ〜。
Δ たわごと | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
富山・金沢旅行


ゴールデンウィークに富山と金沢へ1泊2日の旅行へ両親と行って来ました。昨日、自宅に戻ってきてニュースを見たら、今年は東京に行く人が多かったみたいですね。思いっきり世間様とは逆走した旅行だったのか…。でもすっごく楽しかったですヨ。何より天気に恵まれたのが良かったですね♪
Δ たわごと | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
日本科学未来館&荒井良展

先週プラネタリウムを目当てに日本科学未来館に行ってきました!

HPで調べているとプラネタリウムはいつも「満席」表示が出ていてどれぐらい早く行ったらいいのかと不安でしたが9時半に並んだところ第1回の上映整理券ゲットできました〜。
Δ たわごと | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | tien
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRY